大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

サラリーマンである限り
仕事に支障をきたしてはならない

私は2002年から、ずっと日本株への個別株投資を続けています。

一方、投資系の雑誌やインターネットの記事では、株式投資と同様に、FX(外国為替証拠金取引)もサラリーマンにお勧めだと紹介されていることがあります。

日本の株式市場は、サラリーマンが仕事をしている日中の時間帯に開かれていることから、サラリーマンは相場を見て取引する時間を十分に取れません。

その点、FXは平日なら24時間取引ができます。

海外の投資家が参加する深夜にかけての時間帯に取引が活発化するということで、日中の時間帯に仕事をしているサラリーマンにはFXが適している、などと推奨されることもあります。

しかし、私の見解は逆です。

サラリーマンとして、仕事と資産運用のどちらに重きを置くかといえば、私は仕事です。

そして、仕事を支障なく続けていくためには、休養や睡眠は欠かせません。

日中は働き、帰宅してから深夜まで毎日のようにFXを続けるとなれば、体力も精神力も続きません。

寝不足がたたって仕事に支障をきたすようでは、FXはむしろサラリーマンとの相性が悪いさえ言えます。

実は、私は勉強がてら、FXに手を出したことがあったのですが、100万円を損失して撤退しています。

やはり兼業投資家にとっては相性が悪いと判断し、それ以来、手を出していません。

私が実践している割安成長株への投資は、中長期的な視野での資産形成を前提に、日本株の中長期投資を手掛けていますから、仕事が忙しい日は相場を見る時間がなかったとしても大きな影響はありません。

私は、サラリーマンである限り、資産運用が日々の仕事に影響を及ぼさないようにしたいと思っています。

経済的には、いつ会社を辞めてもいい状態ではありますが、サラリーマンとの兼業投資家の間は、日本株投資に絞ってFXは手がけず、サラリーマンとしての仕事を最優先したいと思っています。