台湾,台湾人
写真はイメージです Photo:PIXTA

混乱を深めるアメリカ大統領選挙は、不透明な投票方式や開票作業、トランプ大統領の不正投票への追及姿勢などで簡単には収拾がつきそうにはない。この混乱は、「敗北宣言」のない法廷闘争へ移行するのだろうか。それはアメリカの分断、そしてさらなる世界の惨事惨禍を呼ぶ可能性すらある。その大きなあおりを受けそうなのが「台湾」だ。台湾が今回のアメリカ大統領選をどのように見ていたのかをレポートしたい。(アジア市場開発・富吉国際企業顧問有限公司代表 藤 重太)

台湾人の多くが
トランプを支持する理由

 台湾時間11月4日20時頃、アメリカ大統領選挙の開票が進む中で確定票はバイデン候補がトランプ大統領を抑えていたが、残りの優勢地域の票を足すとトランプ大統領の勝利が見えていた。その時点では、台湾は活気に沸いていた。

 台湾の友人からは、「これで世界も台湾も安泰だ」との歓喜の電話が掛かってくるほどだった。中には、「バイデンが大統領になったら家族を守るために共産党に入党しようかと思っていたよ」と悪い冗談を言う友人もいたくらいだ。

 しかし、翌日には赤い州が青い州に変わり様相は一変してしまった。

 台湾人にとってはアメリカ大統領選挙の結果は、そのまま台湾の存続に直結しかねない。単刀直入に言えば、トランプ大統領再選ならこのまま対中包囲網をアメリカと共同で進めていける。しかし、バイデン候補当選ならその構想が瓦解(がかい)して、すぐにでも中国の台湾侵攻の可能性大の事態に陥ると考えている台湾人も多くいた。バイデンが副大統領だったオバマ政権の苦い経験を覚えているからだ。