累計38万部超のベストセラー餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

税引き前当期純利益

林教授 経常利益から特別損益を加減した差額が、税引き前当期純利益だ。

税引き前当期純利益=経常利益+特別損益

カノン 損益の前に「特別」とついているのは「経常的」ではない、という意味でしょうか?

林教授 その通り。特別損失は突然襲った事故や災害による損失、リストラに使った巨額の支出、使えなくなった工場を壊すことで生じる損失、大雨で大量の商品が水浸しになって廃棄した損失などだ。費用と違って特別損失は何の価値も生まない点に注意すべきだ。

カノン わかりました。では特別利益は?

林教授 臨時的な利益だ。例えば、土地や投資目的で保有している株式などの有価証券を売って得た利益、損害保険金の入金だね。

カノン 通常では生じることのない特別な損益ってことですか?

林教授 そうだね。特別損益は会社の異常事態を知らせる重要な会計情報だから、金額だけでなくその内容にも注意を払う必要がある。