2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。「Google 最高位パートナー」の平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)で、大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、”リモート弱者”が”リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Photo: Adobe Stock

新しもの好きな神田昌典が
絶賛した”みにくいアヒルの子”

「日本一のマーケッター」として知られる神田昌典氏は、新しもの好きでも有名です。

 言い換えれば、過去の古いコンテンツには興味がないようです。

 ところが、その神田氏が、2年連続で同じコンテンツを絶賛したことがあります。

 恥ずかしながら、私が Google を使い倒した仕事術の事例です。

 その顛末を11月25日に出版される『Google式10Xリモート仕事術〜あなたはまだホントのGoogleを知らない〜』の「おわりに」に記しました。

 なぜ神田昌典氏は、同じ事例を絶賛したのか?

 普通の主婦だった私が、なぜ本書を上梓できたのか?

 今回、その裏話を明かします。

 2019年4月のとある夜、私は身体が震えるような経験をしました。

 その夜の豪華な会場は熱気であふれていました。

 300社超から集った一騎当千の敏腕経営者が最高のスーツやドレス姿で一堂に会していたのです。

 そこはマーケティングの世界的権威「ECHO賞」の国際審査員で、経済誌で「日本一のマーケッター」と評された神田昌典氏が年に一度主催する超本気モードのイベントでした。

 厳しい入会審査をくぐり抜けた会員企業が集うイベント。

 1年間のメンバーの実践を讃え合う場であると同時に、最も優れたビジネスモデルと認められた社会変革リーダーの頂点を決めるコンペティション発表会でもありました。

 百戦錬磨の経営者たちに囲まれた私は完全な場違い。

 華やかな会場の中で、肩身の狭い思いをしながら、最後列で息をひそめていました。

 実はここだけの話、その前年に赤字を出し、入会条件にも届かない「みにくいアヒルの子」のような存在だったのです。

 かろうじて参加できたのは、面白そうな新規事業があるというだけの理由でした。

 経験豊富な経営者と異なり、実績ゼロの私には、誇れる武器や戦略がありません。

「みにくいアヒルの子」として発表会にエントリーするには、2017年から取り組み始めた新規事業、つまり Google のアプリ群をビジネスシーンで活用し、最短最速で成果を出すことをコミットした研修事業に賭けるしかありませんでした。

 いよいよ300社超の頂点である最優秀賞(MVP)の発表です。

 厳正な審査の結果、選ばれたのは……

「平塚知真子さん」

 なんと私の名前がコールされたのです。

 最新テクノロジーをわかりやすく伝えたい思いが評価され、大激励を受けたのです。

 みにくいアヒルの子が、最後列から飛び立てた瞬間でした。

 経験豊富な経営者にまったく歯が立たない私が唯一持っていた武器。

 それが『Google 式 10Xリモート仕事術』だったのです。

 しかも、ありえないことに、翌年も最優秀賞(MVP)になりました。

 本当に人生とはわからないものだと痛感しています。