Photo:PIXTA

米国ビジネススクール講師である著者が、グローバル人材のための「決算書の読み方」を伝授する本連載。基礎編では決算書の中でも重要な3つの書類「財務3表」のエッセンスを全3回にわたってお届けします。第2回は、アップルの英文決算書で貸借対照表(BS、英語ではBalance Sheet)の読みどころを解説します。

>>基礎編 第1回『5分でわかる米国決算書(基礎編)損益計算書は会社の「成績表」』はこちら

決算書を100%理解する必要はない!
解読に必要な「3つの手順」とは?

 日本に限らず海外企業の業績や強みを知るためには、決算書を読みこなす力が必要になります。最近ではその決算書の開示基準もグローバルで統一する動きになっており、楽天や武田薬品工業などが国際会計基準(IFRS)に準拠して決算を開示するなど、それに従う日本企業も多くなってきました。

 日本企業は日本語で決算書を開示する一方で、海外企業は当然英語で開示するため、英語で決算書の解読をする必要があります。「解読」というと決算書を100%理解しなければならないように聞こえますが、実はそうではありません。

 この基礎編でいう「解読」は、決算書内の単語の意味や細かい数字はいったん置いておいてOKです。その代わりに、まずはその企業が手掛けるビジネスの概要について、決算書を通じて想像したり業績のトレンドを確認したりすることを指します。

 この基礎編では、決算書で重要なIncome Statement(損益計算書、日本ではPLと略される)、Balance Sheet(貸借対照表)そしてCashflow Statement(キャッシュフロー計算書)の読み方をざっくりと紹介していきます。