◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

Photo: Adobe Stock

「投資家レベル」を
5段階でチェック!

小型株集中投資でパフォーマンスを高めるには、投資家としての「自分のレベル」を知り、投資家としてどこを目指しているのかを明確に認識しておく必要があります。

投資家のレベルを5段階に分けた次ページのピラミッド図では、おそらく読者のみなさんの多くはレベル1~3にいると思われます。

継続して利益を出せる投資家はレベル4以上ですが、ここを目標にします。

ところが、レベル3とレベル4の間には、なかなか越えられない大きなキャズム(溝)が存在します。どれだけ投資経験が豊富でも、投資に対する考え方が間違っていると、このキャズムを越えることはできません。

逆にいうと、考え方さえ間違っていなければ、短期間でキャズムを越えてレベル4に達します。その考え方を本書でお伝えしていきたいと思います。