石油タンカー船
Photo:Tom Pennington/gettyimages

 原油価格は一時マイナス圏に落ち込んだ。石油大手エクソンモービルはダウ工業株30種平均の構成銘柄から除外された。シェールオイル・ガス生産の先駆けとなったチェサピーク・エナジーは経営破綻に追い込まれた。

 今年、新型コロナウイルス大流行により、米経済の主要業種の中でもエネルギー業界はとりわけ大きな打撃を受けた。原油価格はここ数週間回復基調にあるが、それでも同セクターは歴史上あまり類を見ない激動の1年のさなかにある。

 産油地帯では生産者が先を争うように油井を閉鎖し、投資を半減させている。石油業界の労働者は数千人単位で職を失った。連邦破産法第11条の適用を申請した企業は数十社に上り、縮小した時価総額に近い金額で身売りした企業も多い。