で、税金なども含めた総額310万円のこれを、普通のローンで買ってもいいのですが(もちろんキャッシュでもいいでしょう)、メルセデスの認定中古車は「ユーズドカー・ウェルカムプラン」という残価設定型ローンを利用できますので、せっかくですからそれで試算してみます。

【支払条件】
 支払回数|48回
 実質年率|1.9%
 据置/残価額|1,160,000円(車両価格の40%)
【支払内容】
 頭金|200,000円(諸費用分)
 ボーナス月加算額|50,000円
 月々支払額|29,013円
 最終回支払額|1,189,013円

 ……月々約2万9000円+ボーナス月5万円加算であれば、たいていの人はイケるはず。これでめでたく現行型C200ステーションワゴンのオーナーになれるわけですが、問題は「最終回支払額」です。

 今から4年後に、そのときにはたぶん走行6万kmぐらいになっている9年落ちのC200ワゴンを120万円ぐらいで売却できればほぼトントンですが、もしもそれより断然安い値段でしか売却できないとしたら、かなりの不足額が生じてしまいます。

 そして今現在9年落ちの、すなわち2011年式のCクラスワゴンで走行6万kmぐらいのやつは、だいたい90万円ぐらいで売られていますので、この2015年式の店頭価格も、4年後はだいたいそんなモンでしょう。

 その場合の売却価格は70万円ぐらいでしょうか? わかりませんが、いずれにせよたぶん足が出てしまいますので、プランを少々変更してみましょう。