38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

有能な経営者を見抜く指標もROE

林教授 次はROE(アールオーイー)だ。

カノン えぇ、まだあるのですか。どっと疲れました。フゥ〜。

林教授 君は将来お父さんの会社を引き継ぐつもりだよね。それならROEも知っておく必要がある。

カノン ROEって何でしょうか?

林教授 リターン・オン・エクイティの頭文字だ。エクイティは株主の持ち分のことだから、自己資本利益率と訳される。

ROE(%)=税引き後当期純利益÷自己資本×100

カノン この単語、新聞で見たことがあります!

林教授 これは、ビジネスパーソンなら誰でも知っておかなくてはならない経営指標だよ。

カノン そうなんですね。しっかり勉強しなくちゃ。

林教授 簡単に言えば、ROEは会社のオーナーである投資家の投資利益率のことなんだ。

カノン 先生、簡単ではありません。ますますわからなくなっちゃった。