JOHN LOBB(ジョンロブ)

フォルム美が光る濃色ドレススニーカー

JOHN LOBB:プレステージライン(ジョンロブの中でもハイグレードに位置づけられるドレス靴シリーズ)の名作「エルム」のデザインを踏襲して生まれた「ヘイヴン」。0318ラスト。13万円
:ジョンロブが誇る大定番のひとつ「ウィリアム」を思わせるダブルバックルスニーカー「ホルム」。しなやかなシボ革は、程よい存在感と軽快さを両立する。0318ラスト。13万円
:シンプルなレースアップタイプの「レヴァー」。このモデルのために作られた0315ラストは、スニーカーとしてはやや細身の美しいラウンドトウシェイプが絶品。柔和なグレートーンも洗練された印象だ。12万円(以上ジョン ロブ ジャパン)

 STYLE 
渋いブラウンスーツを足元で軽やかに

JOHN LOBB_STYLE靴、写真中と同じ。スーツ16万3000円/カルーゾ(シップス 銀座店)、ニット1万7000円/ソブリン(ザ ソブリンハウス)、Tシャツ1万9000円/フェデリ(トレメッツォ)

 スニーカーとはいえ、ドレス靴感覚で合わせられるのがジョンロブならでは。ブラウンスーツとコーディネートすれば、クラシックな渋さとスポーティさが同居した、新感覚のスタイリングに。近年、スーツのドレスダウンはローファーが定石だったが、それに飽きたらこんな合わせにも挑戦してみてほしい。

JOHN LOBBのスニーカー
 ココがスゴイ! 

 ドレスシューズの最高峰であるジョンロブのスニーカーで特筆すべきは、やはりシェイプの美しさ。いずれもスニーカーらしいラウンドトウだが、ドレス靴さながらに内振りのカーブを描いていて、これが品格の源に。当然履き心地にも貢献しており、吸い付くようなフィット感を叶えている。

 Point! 
同色異素材のさりげないコンビ

踵をしっかりホールドするカップソール

ジョンロブ流の気品が薫る均整のとれたラウンドトウ