エクセルマクロの挫折しない勉強法や仕事で使いこなすコツを徹底解説!
講師の寺澤さんはこれまでの20年間マクロを使って様々な業務を効率化させるなど、数多くの社内表彰を受けてきました。例えば、数十万行の元データから分析用データを毎週作成する作業。人の手だと1週間かけても終わらない作業ですが、マクロを使うと30分程で完成してしまいます。さらに自ら社内講座も主催、全くマクロを触ったことがない数百人を指導し、満足度98%と人気を博しています。近著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』では、そのエッセンスを余すところなく紹介しています。
本連載では、エクセルマクロを仕事で使うための本当に必要な知識だけを、できるだけわかりやすく説明していきます。

Photo: Adobe Stock

エクセルの「トップページ」とは?

エクセルファイルを開くたびに、決まったデータが入力されたシートや、マクロ開始ボタンをまとめて置いているシートが表示されたら便利だと思いませんか?

エクセルはファイルを開いたときに、保存して閉じた際のシートが出てくるようになっています。そこで、どのシートで保存したかに関わらず、ファイルを開くたびに特定のシートが毎回表示されるマクロを学びます。

ボタンを押したタイミングではなく、エクセルファイルが開いたタイミングで自動的にマクロを起動させる必要があります。

そのためには標準モジュールではなくThisWorkbookという場所にマクロを書きます。ここに書かれたマクロは、ワークブックでの動作(開く、閉じるなど)をトリガーにして発動させることができます。エクセルを開いたときに決まったシートを開かせたり、エクセルを閉じるときに別の場所にバックアップを保存させたりしたい場面で使います。

「トップページ」マクロの作り方

それでは、マクロ作成画面の左側にある「ThisWorkbook」をダブルクリックしてください。

次に画面上部の(General)をWorkbookに変更してください。

Workbookの右側が(Declarations)からOpenになります。これでファイルが開かれたときに発動するマクロが作れます。

ここにマクロを書きます。開きたいシートを選ぶのですが、このエクセルファイルにないシート名を書くとエラーが出ます。注意してください。ここでは「練習」シートを指定してみましょう。

Sheets("練習").Select

完成させて動かしてみよう

それでは、実際にマクロを書いてみましょう

このマクロにはボタンが必要ありません。「練習」シートでないシートを選び、ファイルを保存した後に1度閉じます。再度開いたときに「練習」シートが表示されていれば成功です!

エラーが出たらチェック! よくある間違い
1 ThisWorkbookではなく標準モジュールに書いている(何も起きません)
2 マクロ上部でWorkbookが選ばれていない
3 SheetsやSelectの綴りが間違っている
4 シート名が" "(ダブルクォーテーション)で囲まれていない
5 Selectの前に .(ピリオド)がない

(本稿は、寺澤伸洋著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』を抜粋、再構成したものです)