投資をしているの中でも、ゴールド(金)に注目している人はあまり多くないだろう。しかし、「ゴールドが近い将来最も有力な投資先になる」と提唱するのは、YouTube再生回数6000万回を超える人気の投資家・高橋ダン氏だ。2月刊行予定の著書『ゴールド投資──リスクを冒さずお金持ちになれる方法』では、ゴールドに投資する根拠から投資の実践方法まで余すことなく語った。本稿では、特別に本書から一部を抜粋・編集して紹介する。

ゴールド投資
Photo: Adobe Stock

なぜ金に投資するのか?

 金を買ったほうがよい1つ目の理由は、過去に経験したことがないような強烈なクラッシュ(市場崩壊)が起きたときに、資産を守る「保険」になるからです。

 コロナショックを例にすると、アメリカ市場(ダウ平均株価)は1ヵ月ちょっとで40%近く下落し、日本市場(日経平均株価)も約1ヵ月で30%ほど下落しました。

 株だけが危ないわけではありません。特定の商品だけでなく、あらゆる商品が売られ、値下がりするのがクラッシュの特徴です。

 実際、コロナショック時も、ハイテク株が投げ捨てられ、割安株がさらに割安になっただけでなく、世界の基軸通貨であるドルが売られ、原油も売られました。

 もし、このようなクラッシュが起きたときに、年金暮らしをしていたらどうなるでしょうか。多くの人は、退職後に年金だけで生活費をまかなうことができません。そのため、手持ちの資産を少しずつ削りながら生活しています。暴落は、その生命線ともいえる資産を大きく減らします。当然、生活の基盤が揺らぎます。

 現役世代の人もひとごとではありません。「将来のため」「子どものため」と考えてコツコツ貯めている資産が、たった1回の大きな暴落で消えるかもしれません。

 そのような可能性がゼロではないとするならば、資産を守るための対策も考えておいた方がよいでしょう。

 その手段が「金を買うこと」です。なぜなら、数ある投資商品の中で、金がクラッシュに強いことは歴史的に証明されているからです。