認知症患う母の代筆がバレて相続が大ピンチ!資産家兄妹の深い後悔
相続人に認知症罹患者がいるときに注意しなければならないこととは? Photo:PIXTA

今の時代、家族の誰かが認知症になることは珍しくない。では、相続が発生したとき、相続人に認知症罹患(りかん)者がいたらその手続きはどうなるのだろうか。適切なステップを踏まなかったため、節税の計画が水の泡となってしまった事例を紹介しよう。(税理士 木下勇人)

資産家一家を襲った
「悲劇」とは

 認知症罹患者は年々、増加傾向にあります。平成27年1月に厚生労働省が発表した「新オレンジプラン」には、2025年には約700万人(約5人に1人)が認知症に罹患すると、驚きの数字が発表されています。

 今回は、認知症罹患者が相続人であったことが原因で生じたAさんの事例をご紹介しましょう。

 資産家の父は財産を5億円保有しており、推定相続人は長男であるAさんと、母、妹(長女)の3人です。母の実家も資産家であったため、多額の遺産相続をした母の所有財産も父と同額(5億円)あります。