先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「共通認識」の反対をやってみると?

「遅刻、遅刻ー!」と言いながらパンをくわえて走る女子高生が、曲がり角で転校生の男の子とぶつかる……。どこかで見たことがあるようなありがちなシチュエーションです。

「大恋愛の末、じつは兄妹ということが発覚」「敵の仮面の下を見ると、それは父親だった」「ぶつかったはずみに男女が入れ替わってしまう」などなど。

 こうしたフィクションの「あるある」は、多くの人が共通認識として持っているものです。

「あるある」に限らなくても、昔話や童話、とても有名な映画など、誰もが内容を知っていて、その展開がなんとなく読めるストーリーがあります。そんな共通認識を利用して、アイディアを考えることができます

 テレビやお笑いが好きな人は、漫才やコントで、こういったフィクションをベースにしたネタをよく見るのではないでしょうか。多くの人が共通して知っている物語をテーマにすると、みんなが知っている展開を反対にしたり期待を裏切ったりすることでわかりやすく意外性を出せるので、おもしろいネタをつくりやすいのです。

「現代版は?」「ハイテクを使ったら?」

 フィクションをベースにして考える場合は、本書第1章で紹介している「どんな?」をいろいろと考えて性質をズラしていく方法を使うと考えやすいです。

「現代の桃太郎」や「ビジネス版さるかに合戦」など、タイトルにいろんな修飾語(どんな?)をつけて、その内容を想像するのです。

「令和時代の桃太郎はどんな話だろう?」「さるかに合戦をビジネスに例えるとどうなるだろう?」と、どんどんイメージがふくらんでいきます。

【考えてみる】昔話から考えると、どんなアイディアが考えられるだろう。

 わたしは「つるの恩返し」からアイディアを考えてみることにしました。「つるの恩返し」は、助けられたつるが人間に化けて恩人の家で機織りをする話ですが、「このふすまを絶対に開けないでください」とつるが言ったのに恩人が開けてしまい、悲しい展開になります。

 そこで、「ふすまを絶対に開けられないマシーン」をつるのためにつくってあげたら、ハッピーエンドで終わるのではないでしょうか(下図参照)

『ふすまを絶対に開けられないマシーン』
ふすまに触れるとタッチセンサーが反応し、電流が流れる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうした「共通認識」から考えるワザのほかにも「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)