Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「嫉妬心」を観察して、思考を広げる

 わたしはよく「嫉妬」からアイディアを考えます。たとえばスタバでは、カップに「Thank you!」だとか、「勉強がんばってくださいね」だとか、店員さんがそのときの気分でお客さんをちょっと幸せにする一言を書いてくれることがあるらしいです。わたしはけっこう頻繁にスタバに行くものの、いつも渡されるのは真っ白なカップです。

 なので、この話は都市伝説かと思っていたのですが、周りの人に話したら、みんな、メッセージを受け取った経験があると当たり前のように言っていました。

 この前は、わたしの両隣の人のカップに「Thank you!」の文字とうさぎの絵が書いてありました。急いで自分のカップを見たら、やはりなにも書いていませんでした。心の中でハンカチを噛みます。

 嫉妬のようなネガティブな感情は、ふだん人には見せないし、自分でも抑えようとしてしまうものです。

 そのため、日々の生活の中で「嫉妬」という感情をはっきりと感じる機会はあまりないかもしれません。

 とはいえ、そんなネガティブな感情も自分の一部です。あまり積極的に「嫉妬を感じよう!」などとは思わなくてもいいけれど、ふと自身の嫉妬心に気づいたときは、少し感情から距離を取り、じっくり客観的に観察する。そうすることで、そんな感情も思考の種にすることができます。

 わたしの場合は、そうして得られた新たな視点からアイディアを考えます。もっとも、嫉妬のようなネガディブな感情をそのままアイディアにしてしまうと、誰かに対して攻撃的なアイディアになってしまう可能性があります。

 そこで、わたしが嫉妬の感情からアイディアを考えるときに気をつけていることは、嫉妬の対象も笑ってくれそうかどうか、です。「これは絶対に怒りそうだな……」というアイディアは頭の中で考えるだけにしてアウトプットしないようにしています。怒られたくないからです。

【考えてみる】嫉妬した経験を思い出し、その気持ちを解消できそうなアイディアを考えてみよう。

 たとえば「自分のスタバのカップにだけ何も書かれていない」というシチュエーションからアイディアを考えるとどうなるか。

 スタバのカップをセットしてレバーを押すと、あたかも店員さんが書いてくれたかのように文字がスタンプされるマシーンがあったなら、自分でいくらでもスタバのメッセージを再現できます。これで、嫉妬心は収まるはずです(下記参照。音が出ます)

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)