Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「楽しい感情」に注目する

 本書では頭の柔らかい「考え方のパターン」をさまざまに考え、71の「考える術」として収録しました。

 ここではその中から「感情」から考える方法を紹介します。たとえば「楽しい」とか「うれしい」といったポジティブな感情は、どのようにアイディアにしていけばよいでしょうか。

 うれしかったこととか快感を得たこととかを思い出すと、「もう一回、あの気持ちよさを感じたい……」といった欲求が出てきます。

 たとえば、「自分のことをほめちぎられたときの誇らしさ」とか、「梱包に使うプチプチを手でつぶすあの快感」「猫をなでている幸福感」などなど。こういった快感は、いつでも好きなときに感じられるとうれしいです。

 そんな欲求から、プチプチについては「無限プチプチ」という、あの感触がずっと楽しめるおもちゃが生まれて大ヒットしましたし、「Qoobo」という、猫のような手触りのしっぽ付きのクッション(なでるとしっぽを振る)もヒットしました。

 ポジティブな感情は、そこにある欲求をつかまえることでアイディアにできます。楽しいことやうれしいことは、「どう持続させていくか」「どう他の人に体感させるか」「いつでも体感できるようにするにはどうすればいいか」を中心に考えていくと、想像が広がっていきます。

【考えてみる】最近感じた「楽しかったこと」を思い出し、それをどうやったら持続できるか、アイディアを考えてみよう。

 わたしは手放しでほめられるのが大好きなので、「お世辞を言ってくれる白雪姫の魔法の鏡」をつくりました。

 童話の「白雪姫」では、魔女が使う魔法の鏡はいつも魔女のことをほめているけれど、ある日突然「白雪姫のほうがきれいですよ」と真実を言ってしまう。それを聞いた魔女は、白雪姫を殺そうとしてしまう。気の利かない鏡です。お世辞というものを知らないのでしょうか。

 そこでわたしがつくった魔法の鏡は、「藤原さんは、本物だね」「みんな藤原さんのことすごいって言ってるよ」「あれ? 佐々木希さんですよね?」などと、手放しでほめ続けてくれるもので、とても気持ちがいいのです(下図参照)

『お世辞しか言わない魔法の鏡』
「白雪姫」の鏡とちがって、つねに手放しでほめてくれる。(『考える術』より)

 自分の中にある感情を起点にすることで、とても自分らしいアイディアを考えることができます。

 わたしは「無駄づくり」の中で、日々のさまざまな感情からアイディアを考え、マシーンをつくってきました。

 つねに感情を言語化して、ネガティブな感情すらもアイディアに変えられるようになれば、嫌なできごとも怖くなくなります。

 感情からアイディアを考えることは、自分を救うことにもつながるのです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)