韓国の文在寅大統領
韓国の文在寅大統領 Photo:Pool/gettyimages

日韓関係修復を呼びかける
文在寅氏の目的

 文在寅氏は昨年来、対日関係改善を図りたい意思を日本側に投げかけている。

 たとえば、朴智元国家情報院長が日本を訪問し、小渕・金大中の時のような政治宣言で日韓関係の修復を図ろうと呼び掛けた。

 ほかにも、金振杓韓日議連会長が訪日して東京オリンピックに向けた日韓の協力を提案したり、新駐日大使に左派系では珍しい知日派の姜昌一(カン・チャンイル)氏を任命したりした。

 また、韓国のソウル中央地裁が慰安婦問題に関する無謀な判決を出し、韓国国内では関係修復に冷や水を投げかける行動がみられると、「外交的に解決法を探ろう」と述べた。

 しかし、こうした文在寅氏の呼びかけに対して、日本側の反応は冷ややかである。それは日本側が、韓国の対日関係改善の動きはそれ自体が目的ではなく、あくまでも北朝鮮との対話模索とバイデン政権への対応のためと見ているからである。

 文在寅氏は言葉ではこれまでの対応を転換したようなそぶりを見せている。しかし、そのような姿勢が、むしろ文在寅氏は信頼できないことを物語っている。文在寅氏が提案する改善策はいずれも小手先の対応であり、本質の問題に触れるものではない。したがって、日本側は文在寅氏の姿勢を評価していない。