経済的に自立して早期リタイアを果たす「FIRE」を目指し、
株式投資を始める個人投資家が増えている。
その多くの投資対象は日本株だが、じつは米国株こそFIREへの近道だ。
米国株は日本株より手堅い。
某大手金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、
2020年に資産1億円達成を計画。
計画を前倒しで2019年に目標達成、51歳で早期リタイアを実現した。
初の著書『【エル式】 米国株投資で1億円』では、
早期リタイアの大きな原動力となった米国株の投資術を全公開。
これまでの投資歴や投資銘柄、今さら聞けない米国株投資の基礎の基礎から、
年代や目的別の具体的な投資指南、最強の投資先10銘柄に至るまで、
“初心者以上マニア未満”の全個人投資家に役立つ情報を徹底指南する。

老後資金 貯める
Photo: Adobe Stock

年金はあてにならない
老後資金は自力で貯める時代

みなさんは会社勤めでしょうか、それとも自営業やフリーランスでしょうか?

いずれにしても、労働(仕事)の対価として収入を得ている人がほとんどだと思います。

「勤労は美徳」というのは、高度経済成長で培われた日本文化ともいえますが、労働というものは勤務先の業績や取引先の経営状況に大きく影響を受けます。

コロナ禍によって多くの企業の業績が悪化し、収入が激減したり失業したりするケースが多発しています。

勤務先がいつ倒産の憂き目に遭うかわかりませんし、倒産しなくても大幅なリストラ策で職を失う可能性はつきまといます。

老後の頼みの綱となる年金の受給開始年齢は60歳から段階的に引き上げられ、将来的にはさらに引き上げられる可能性が高まっています。

もはや死ぬ間際まで年金を受け取れないという、冗談のような現実が生じかねない勢いなのです。

私たちは金銭面で自立しなければなりません。

労働の対価を得るとともに、自力で老後の蓄えを確保しなくてはいけない時代になっているのです。

そこで大きな味方になってくれるのが「株式投資」。

私自身、米国株投資を中心に1億円以上の金融資産を築き、2019年に51歳で早期退職(アーリーリタイアメント=FIRE)を果たしました。