年収が高い会社ランキング2020【中国・四国地方完全版】
Photo:PIXTA

 今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「中国・四国地方で年収が高い企業ランキング」を作成した。なお、このランキングでは、中国・四国地方(鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知の9県)に本社を置く上場企業を対象とした。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。単体の従業員数が20人未満の企業は除外している。対象期間は、2019年6月期~20年5月期。

 早速、ランキングを確認していこう。

1位はローツェ
電力会社に強い雇用力

 1位となったのは、ローツェ。平均年収は939.8万円だった。ローツェは、広島県福山市に本社を持つ半導体関連装置などを製造するメーカーだ。業績は好調で、特に目を引くのが利益率の高さだ。20年2月期の連結決算では売上高371億円に対し、営業利益は77億4300万円。営業利益率は約20%となっている。

 2位は岡山県岡山市に本社を置くベネッセホールディングスで、939.5万円。ベネッセホールディングスの傘下には、通信教育「進研ゼミ」を運営するベネッセコーポレーションなどがあり、教育や介護、保育事業などを手掛ける。平均年収が900万円を超えたのは、ローツェとベネッセホールディングスの2社のみだった。

 続いて、844.3万円で3位となったのは、トモニホールディングス。傘下に徳島大正銀行と香川銀行を置く持ち株会社だ。徳島大正銀行は20年1月に、旧徳島銀行と大阪府に本店を置いていた旧大正銀行が合併して誕生した。