子どもを産まない選択をしたい令和のDINKs
写真はイメージです Photo:PIXTA

Double Income(夫婦2人の収入)、No Kids(子どもがいない)の頭文字を取った言葉「DINKs(ディンクス)」。子どもを作らない選択をした共働きの夫婦のこと。しかし、一口にDINKsといっても、その選択をした理由は夫婦それぞれであるし、どのような生活を送っているかも夫婦によって違う。令和のDINKsのスタイルを探る。今回はシリーズ10回目。(フリーライター ふくだりょうこ)

子どもの頃から抱いていた子どもへの違和感

 今回、お話を伺ったのはIT会社で働くミイコさん(仮名)、30歳。2つ年上の、IT系企業でフリーランスとして働くシゲオさんと結婚してもうすぐ5年を迎える。結婚前から夫婦2人で生活していくということを決めていた。

 その理由の一つは、はミイコさん自身が子どもの頃から持っていた違和感だ。

「小学生の頃、友達が知育人形で遊ぶ様子に違和感を持っていました。

 普段ビデオゲームなどで一緒に遊んでいる仲の良い友達が、人形遊びを始めると当たり前のようにミルクをあげたり、おむつ替えをしてあげているんです。『かわいいね』って言いながら。でも、私は『お世話するの上手だね』って見ているだけ。思い返してみると、何をしたらいいんだろう、と取り残されている感じはありましたね」