Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「欲」は新しい視点をくれる

 アイディアは「欲」から生まれやすい──というのが、わたし個人の考えです。というか、考えるという行為の動機は、だいたい根底に何かしらの欲があります

 朝、着る洋服を考えるとき、機能性を重視するのか、人の目を意識するのか。どちらにせよ欲です。もっと抽象的な思考、たとえば将来のことを考えるようなときだって、お金や名声など、内にある欲をベースに考えていくと思います。生活の中には意外とたくさんの欲が潜んでいます。

 そんな欲に意識的になることで、みるみるうちにたくさんのことを考えられるようになります。

 世の中にあるさまざまなものは、人々の欲望を叶えるために生まれてきました。電車や車は「ラクして遠くまで行きたい」という欲望を叶えるために生まれたものですし、魔法瓶は「温かい飲み物をそのまま持ち運びたい」という欲を叶えるために生まれたものです。欲というのは、わたしたちに新しい視点をくれるのです。

 わたしの発明品も、欲望をきっかけにして発想されたものが多いです。「欲望」という言葉は、ふだんの生活ではちょっとネガティブな響きを持つことが多いけれど、アイディアを考えるときには、とても重要なものです。

 ふだんの生活で、「あー仕事休みてー」とか「お金ほしいー」と思うことはないでしょうか。わたしは毎日のように思っていますが、こういった感情もアイディアにつながる欲の一つです。

「あー仕事休みてー」のあとに、自分を奮い立たせて仕事に行ったり(えらい)、サボったりするわけですが、そんな「欲」を感じているとき、一度立ち止まって、その欲を観察したり、解消する方法を考えてみてください。

【考えてみる】ここ数日の生活を振り返ってみて、「やりたいけれど、やれないこと」をいくつか挙げてみよう。

 わたしが感じる「やりたいけれど、やれないこと」は……

・お金を気にせずに好きなものをたくさん買う
・夜道を歩いているとき、大声で歌う
・仕事をサボッて海に行く
・カロリーを気にせずに好きなものをたくさん食べる

 などなどです。

 こうしてみると、子どものような欲求ばかりですが、こういった素直な欲からアイディアを考えていきましょう。ストレートな欲を見つめたり深掘りしたりして、その解決策を考えることで、独自のアイディアを考えることができるのです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)