経済的に自立して早期リタイアを果たす「FIRE」を目指し、
株式投資を始める個人投資家が増えている。
その多くの投資対象は日本株だが、じつは米国株こそFIREへの近道だ。
米国株は日本株より手堅い。
某大手金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、
2020年に資産1億円達成を計画。
計画を前倒しで2019年に目標達成、51歳で早期リタイアを実現した。
初の著書『【エル式】 米国株投資で1億円』では、
早期リタイアの大きな原動力となった米国株の投資術を全公開。
これまでの投資歴や投資銘柄、今さら聞けない米国株投資の基礎の基礎から、
年代や目的別の具体的な投資指南、最強の投資先10銘柄に至るまで、
“初心者以上マニア未満”の全個人投資家に役立つ情報を徹底指南する。

株式投資 ビギナー
Photo: Adobe Stock

誰でも知っている
ポピュラーな企業が投資対象

「米国株投資」というと、縁遠い話のように感じるかもしれません。

日本株にすら投資したことのない人であれば、なおのこと高いハードルを感じるでしょう。

でも私は、これから投資を始めようと思っている初心者こそ、米国株投資をおすすめします。

日本株と同様に日本のネット証券で売買できますし、必要な情報も各証券会社の情報サイトや日経新聞レベルで十分対応できます。

また、米国株には以下のような魅力もあります。

・長く安定的な収益実績があり、連続増配している銘柄が多い
・高いブランド力を持ち、世界でビジネス展開している銘柄が多い
・大きな企業でも高い成長力がある
・株式市場の透明性も高く投資環境が整っており、新陳代謝も活発である.

他にも理由はありますが、詳しくは私の著書『【エル式】米国株投資で1億円』に述べたとおりです。

私が2005年に初めて投資した米国株は、アマゾン・ドット・コム(AMZN)でした。

アマゾンが2000年に日本市場に上陸して以来、私はアマゾンのヘビーユーザーで、書籍を中心に、これまで2000点以上の商品を購入しています。

アマゾンの従業員数は約80万人、世界時価総額ランキング(2020年11月末時点)で第4位の超巨大企業です。

日本時価総額ランキング第1位はトヨタ自動車ですが、従業員数は約36万人(連結)とアマゾンの半数以下、時価総額は25兆円ほど(2020年12月25日時点)で、アマゾンの時価総額約1兆5900億ドル(約160兆円=2020年12月24日時点)の6分の1以下です。

特筆すべきは、そんな超巨大企業のアマゾンが、いまなお急成長していることです。

アマゾンの直近決算(2020年第3四半期)の売上高は約961億ドル(約10兆円)ですが、なんと37%もの伸びを記録しています。

純利益も63億ドル(約6500億円)と、過去最高を記録しているのです。

一方、トヨタ自動車の直近2020年中間決算(連結)は、大幅な減収減益となっています。

アマゾンのような誰でも知っているポピュラーな企業が、高い成長を見込めるのが米国株投資のわかりやすい魅力となっています。