無理な復職は不必要
Mさん一家の赤字を確認

 では、順を追って回答していきましょう。

 まずは復職の件から。Mさんのお気持ちはわかりますが、夫の疾患が長期化していることが「傷病手当は終了」という記載からうかがえます。もし夫が無理をして、あるいは我慢して復職した場合、収入以上の損失を被る可能性があるのではないでしょうか?

 この「損失」には医療費のほか、ご夫婦でやりたいことができなくなるなどの機会損失も含まれます。夫が復職を是非にと望むなら別ですが、まずは体調最優先で考えていただきいと思います。

 500万円が得られない=もったいないと思うかもしれませんが、すでにMさん夫婦はご希望通りの老後を過ごせるだけの資産を保有されています。

 例えば夫が復職せずに退職した場合、Mさん一家の収入はMさんの給料(手取り530万円)のみになります。一方、現在の年間支出は699万円です。そして、このうち118万円は夫の社会保険料と書かれています。つまり、夫が退職するとこの118万円の支出がなくなります。

 このほか、2年ごとの旅行費用が300万円との記載があります。これを年間支出に均せば150万円。夫の社会保険料を支払わず(699万円から118万円を差し引く)、この150万円を加えると年間支出の合計は731万円になります。Mさん一家の収入は手取り530万円なので、年間で530万円−731万円=201万円の赤字です。