Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「感情のタネ」に気づく

 自分の感情の機微にこそ、自分らしさが詰まっています。何かを見て揺れ動く感情から思考を広げていくと、より自分らしい考えが生まれてきます。

 あまり感情が表に出ない人だって、その中にはさまざまな感情が渦巻いているはずです。それらを一つずつすくっていき、考えるきっかけにしてみましょう。

 わたし自身は、ネガティブな感情にとても敏感で、嫉妬とか悲しさを人より敏感に感じている気がします。街でカップルが仲良くしているのを見ていると、嫉妬に狂いそうになります。

 というか、狂いました。

 そして「カップルが別れたときにお知らせしてくれるマシーンをつくろう」と思いたち、「カップルが『別れました』とつぶやくと光るライト」を制作しました。ツイッターで「別れました」というツイートがされるたびに、わたしの卓上にあるライトが淡く光るのです。これで、「ああ、いまカップルが別れたんだなあ」と思うことができます(下記参照。音が出ます)

 陰湿すぎて自分でもちょっと引くくらいだけれど、このように感情に突き動かされるままアイディアを発想することは楽しく、また、その感情から自分自身を救い出せるような効果もあります。

 同じものを見ても、それぞれの人はそれぞれ違った感情を抱くので、感情から考えていくことで、自分だけのアイディアを生み出すことができるのです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)