先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

他人の「悩み」がアイディアになる

 アイディアを考えているとき、なんにも思い浮かばないのであれば、どんどん情報に当たってみてください。目に入るさまざまなものがアイディアのきっかけになるはずです。

 その際、意識的に「問題」を探すようにするとアイディアにつながりやすいです。

 街に出て人やモノを観察するのもいいけれど、街に出ずともネットから情報を得ることもできるでしょう。インターネットを見ているだけで、自宅に居ながらにしていろんな人たちの考え方や行動の情報を収集できます。

 わたしがよくするのは、「困った」や「不便」などが含まれたツイートを検索することです。こうすることで、わたしとは年齢や性別、所属も違う人たちのリアルな悩みや困りごとを知ることができます。他人の悩みをきっかけにすると、自分にとっても新鮮なアイディアが生まれてきます。

 いまツイッターで「困った」と検索してみると、会社員らしき男性が「変な寝癖がついて困った」とつぶやいていました。わたしはあまり寝癖に困ったことはないけれど、たしかに朝の忙しい時間に変な寝癖を直せず会社に行かないといけないとなると困りそうです。

 とくに注意せずに見ていたら気にもとまらないような投稿ですが、自分のアイディアのことを念頭におきながら、他人の問題を意識的に探して拾っていくことで、自分の問題意識からは出てこない新しい切り口や視点に気づくことができるのです。

【考えてみる】SNSで他人の困りごとを検索し、それを解決するアイディアを考えてみよう。

 先ほどの寝癖の悩みからアイディアを考えると、忙しい朝でも髪形が直せるマシーンがあれば便利ではないでしょうか。通勤中に朝シャンができる「ポータブル朝シャンマシーン」で、あの会社員のお悩みを解決したいです(下図参照)

『ポータブル朝シャンマシーン』
シャワーと水タンクを結合、リュックとして背負えるようになっている。(『考える術』より)

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)