Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「集中したいのにできない」という状況

 考えごとをしなきゃいけないときに限って、まったく関係のないことが気になってしまいます。昨日見たドラマの続きとか、友だちからのLINEの返信とか。

 あと、気がついたら、スマホを触っているときもあります。スマホの電源をオフにしてカバンの奥に入れたり、引き出しにしまったりと集中する工夫をしても、気がつけば、なぜかスマホを手にツイッターをやっているから、人間は怖いです。

 アイディアを考えるときに「どう集中するか」というのは、なかなか難しい問題です。

 集中力を高める方法などは、ちゃんとした人たちがちゃんと本にまとめているので、ここでは「邪念に負けまくる」ことのメリットを書きます。

意識的に「邪念」に身をゆだねる

 本書で先に、頭の片隅にテーマを置き続けながらほかのことをしていると、ひらめきが生まれやすいと書きましたが、アイディアを考えようとしているのに邪念に負けて他のことをしちゃっているときは、こうした状態の中にいます。

「考えるぞ!」と奮起したはずが、気がつくとスマホをいじったり余計なことを考えたりしてしまっているとき、罪悪感も手伝って、もともとの考えるべきテーマも頭の片隅に浮かんでいると思うのです。いくらソシャゲに夢中になっていたとしても、ふと「あれ考えなきゃ……」とプレッシャーを感じるようなとき、それもアイディアを考えている状態といえます。

 いったん問題から離れることで、全然違ったアプローチが思い浮かぶことはよくあります。

 なので、どうしても集中できないときは、無理に考えることに集中しなくてもいい。思うままに調べ物をしたり、ゲームをしたり、動画を見たり。そんなふうに過ごすことで、集中していたときとは違った視点でのアイディアが浮かぶ可能性が出てきます。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)