コロナ禍により、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

目標
Photo: Adobe Stock

質問
 Google式10X目標にひるむ自分がいます。
 どうすればいいでしょうか?

 目標数値の10倍を設定して10X(テンエックス)目標を立ててみました。

 しかし、壮大すぎて、どうも絵に描いた餅のように思えてしっくりきません。

 10X目標を立てるコツってありますか?

回答
 自分ひとりの目標にしないことがポイントです!

 「10%より10倍のほうがカンタンだ!」

 そう言ったのは、Googleの親会社アルファベット傘下「X」の「キャプテン・オブ・ムーンショット」、アストロ・テラー氏です。

 10X目標を立て、本気でそれを実現しようとすると、「努力でなんとかなる範囲」を飛び越え、これまでとはまるで違う発想が求められます。

 つまり、「昨日とは違う明日を今日つくる」必要性が生じ、イノベーションが起こりやすい環境を整えることができるというのです。

 しかし、本当に「カンタン」でしょうか?

 実は、前提条件となる「発想」の転換ができるかどうかで決まります。

 まず、この目標を立てられない「目標設定の壁」が10X実現を阻みます。

 そもそもこんな大それた、できるかどうかすらわからない目標を立てるなんて、学校で習ってきませんでした。

 発想を転換するといっても、どうしたらいいのか、やっぱり行き詰まってしまう……。

 そんなあなたにオススメなのが、「誰」を笑顔にするプロジェクトなのか、考えてみる方法です。主語を自分ではなく、あなたの大切な誰かに転換してみるのです。

 私がGoogle シドニーで2017年に受けた研修では、10X目標を考える際、徹底的に「ユーザー」にフォーカスせよ、というワークがありました。

 「誰」のためのプロジェクトなのか?

 「なぜ」それが必要なのか?

 「どうなったら」一番ハッピーなのか?

 みんなで考えを出し合うのです。

 人間、自分のためにだけには生きられないもの。

 誰にも大切な誰かが存在しています。

 「働く」は、人が動くと書きますが、もともと「はたらく」は「傍(はた)」を「楽(らく)」にするからきているという説があります。

 自分の周りの人たちを、楽にすることが、働くことの本質。

 私はこの考え方が好きです。

 大切な誰かとあなたのためのプロジェクトの目標を数値化し、10倍にしてみましょう。
 そのとき、やる価値があると感じられたら、次のステップに移行できます。

 Google共同創業者であるラリー・ペイジ(1973年生)は、

 「そんなバカなことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はいないも同然だ、

 と言っています。

 誰もが知っているGoogle。

 されど、ビジネスパーソンこそ活かしたらすごい成果があがるのに、ほとんど知られていないGoogleの考え方が他にもたくさんあります。

 知ってみたくありませんか?

 あなたの毎日にも、イノベーションを起こしてみませんか?

 すべて無料です。

 このたび、Googleでリモートワーク時代の生産性を劇的向上させる効果的な考え方、そしてGoogleのアプリ群活用術を『Google式10Xリモート仕事術』にまとめました。ぜひご活用してみてくださいね(セミナー案内はこちら)。