2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(1/12から6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

無料で「DX」する方法Photo: Adobe Stock

質問
 DXって難しそうですが、…結局、どういうことですか?

 ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させるのがDX=デジタルトランスフォーメーション。とはいうものの…、何から手を付ければ、うちの会社がDXできるのかさっぱりイメージできません。

回答
 スピーディな判断の助けとなるデータや情報を社員自ら集め、活用できる環境をつくり、さまざまな関係者と協力してイノベーションを推進できるようになることです。

 Google のアプリ群を社内全員で活用することで、今、話題のDX(デジタルトランスフォーメーション)を最短最速で推進できます。

 なぜ、そう断言できるのでしょうか?

 Google のアプリ群 は、イノベーションを数多く生み出してきた Google の社員である「グーグラー」たちが毎日使い、自分たちのために改善・改良してきた文房具のような存在。

 直感的でシンプルな操作で、日々進化するツールです。

 そして、Google のアプリ群はクラウド100%

 だから「IT の段差」がなくなり、情報のバリアフリー化が可能です。

 特に組織内の情報共有において「行ったり来たり」を完全になくすことができるのです。

 カレンダー で予定調整を Google の AI が自動的に行い、Google Meet を使った「話すと書く」でリモート会議を制覇。Jamboardで議論を収束させて、リモートコミュニケーションを10倍活性化できます。

 Google フォーム で鮮度抜群の現場の情報を収集、 Google スプレッドシートでそのデータを分析・加工。さらにはデータやファイルを Google ドライブ に保存することで必要なメンバーとリアルタイム共有し、リモートでも成果10Xのコラボレーションが実現します。

 Google のアプリ群を使えば一人ひとりのメンバーが所属チームの壁を超え、組織全体で主体的に、協働の「機会」と「場」を手軽につくれるようになります。

 データを収集・分析・調整して必要な人と共有する。これは想像以上にメンバーにとっても生産性が向上し、業務遂行に役立ちます。

 さらにこれが進むと、放っておいても組織内のあちこちで同時多発的にプロジェクトが始まってきます。

 DX とは、単なる IT ツールの導入を指すのではなく、スピーディな判断の助けとなるデータや情報を自ら集め、活用できる環境をつくり、さまざまな関係者と協力してイノベーションを推進することです。

 Google のアプリ群を毎日使っているだけで、いつの間にか、DXは自動的に現場からどんどん推進されていくようになるのです。

 Google Classroom で部下とのやりとりを一元管理し、離れていても継続的に信頼関係を築く仕組みをつくる。アカウントでセキュリティ管理を強化する。そして、次世代型メモ Google Keep でちょっとしたことでもすぐに解決する。これら3つのアプリを組み合わせて使うことで、みんなのチカラを10倍引き出すマネジメントができます。

 マインドセット を変えることが、イノベーションには重要です。

 誰かが高い目標を示し、どうすればそこに到達できるのか、ブレイクダウンして伴走する。DX を成功させるには、そんなリーダー、マネジャーが必要です。

 このたび、『Google式10Xリモート仕事術』というタイトルで、合計10のアプリの本質、活用術について紹介しました。

 厳選された Google アプリを組み合わせれば、変化の激しい現代の課題でも、みんなが自力で解決できるようになることを実感していただけるはずです。

 これを実行に移していくことこそ、DX の本来の目的です。

 Google のアプリ群だけで、ここまで実現できるのです。

 ぜひイノベーションを起こしていきましょう!

ps.今回、特別動画「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」をアップしました。ビジネスパーソンに即役立つ内容だけを凝縮しました(6回限定)。できたてほやほやです。ぜひご覧いただけたらと思います。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。