新型コロナウイルスの感染拡大以降、ドアダッシュやウーバーイーツなどの料理宅配アプリの普及で飲食店は多くの顧客を得た。だが今やこれらのアプリやそこで課される手数料を回避するため、一部の飲食店に加え、新たに登場した料理注文ツールの利用など知恵を絞っている。  米料理宅配大手のドアダッシュ、配車大手ウーバー・テクノロジーズの宅配サービス部門イーツ、およびグラブハブは、注文1回ごとに最大30%の手数料を徴収する。多くの飲食店オーナーは、たとえ注文数が増えても、高い手数料が利益を圧迫すると話している。