写真:DoorDash,ステッカー
Photo:Michael M. Santiago/gettyimages

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、ドアダッシュやウーバーイーツなどの料理宅配アプリの普及で飲食店は多くの顧客を得た。だが今やこれらのアプリやそこで課される手数料を回避するため、一部の飲食店に加え、新たに登場した料理注文ツールの利用など知恵を絞っている。

 米料理宅配大手のドアダッシュ、配車大手ウーバー・テクノロジーズの宅配サービス部門イーツ、およびグラブハブは、注文1回ごとに最大30%の手数料を徴収する。多くの飲食店オーナーは、たとえ注文数が増えても、高い手数料が利益を圧迫すると話している。

 最近登場している新サービスは、飲食店がより多くの配達を自ら手配することで、オンライン注文の低コスト化を実現しようとするものだ。

 メキシコ料理を提供するチポトレ・メキシカン・グリルや高級ハンバーガーのシェイクシャックなどの大手飲食店チェーンでは、宅配アプリのコストの高さを認識し始め、多くがそれに対処する意向を示している。またニューヨークやシアトルなどの自治体は、宅配アプリの手数料に上限を設けるルールを施行した。コロナ危機で人々が外出自粛を続ける中、飲食店のコスト抑制につなげる狙いがある。

「アプリの手数料をめぐる痛みは目新しくはないが(中略)パンデミック(コロナの世界的大流行)がそれを悪化させただけだ」。スプレッドの創業者アンドリュー・ワン氏はこう話す。同社が運営するウェブサイトは、飲食店から注文1回につき1ドルを徴収する。大手アプリに代わる安価で飲食店に配慮した選択肢として自らを売り込んでいる。