超訳 孫子の兵法
Photo:PIXTA

「孫子の兵法」は、欧米のビジネス・スクールでも「戦略書の原典・原点」として取り上げられる、ビジネスパーソン必読の実益書だ。東洋思想研究者・田口佳史氏の著書『超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール』からの抜粋で、現代のビジネスシーンに当てはめ孫子の教えを超訳した、「ビジネスで勝つ」テクニックをお届けする。

競争相手の少ない分野を狙う

攻めて必ず取るは、其(そ)の守らざる所を攻むればなり。
守りて必ず固きは、其の攻めざる所を守ればなり。

競争相手がいない、いても強敵ではない、というような市場に打って出れば、たやすくその市場を独占できる。

「敵の守りの薄いところを攻めれば勝てる。敵が攻めてこられないように守りを固めれば、負けることはない」――孫子はそんな当たり前のことを言い、敵の隙や弱みをつくのが攻撃の鉄則であり、敵に隙も弱みも見せないことが守りの鉄則であるとしています。これをビジネスに当てはめると、どういうことになるでしょうか。

 一言で言えば、「いわゆるニッチな市場で勝負しろ」と読めます。

 ニッチな市場とは、そこで勝負しようとは誰も思わない分野。儲からない、乗り越えなければならない困難がたくさんある、とにかく面倒な仕事ばかりでやる気になれない、あるいはそこにニーズがあるとは誰も気づかない、そういった市場です。

 ようするに、そんなところに打って出るライバルがほとんどいないから、うまくやれば間違いなくナンバーワンになれる、ということです。