写真:GameStop
Photo:VIEW press/gettyimages

 金融市場は、たった1年前に数十年ぶりの深刻なリセッション(景気後退)に陥った米経済が近く急回復を遂げるとのシグナルを発している。

 米主要株価指数は、24日のダウ工業株30種平均を含め、今年に入り過去最高値を32回更新した。長期債利回りは上昇基調にあり、個人や企業の資金需要の高まりを示している。インフレ期待は数年ぶりの高水準だ。原油からゲームソフト小売り大手ゲームストップ株価、暗号資産(仮想通貨)ビットコインまで、市場ではあらゆるものが値上がりしている。

 慎重論も長くは続いていない。今週に入り、景気回復期待を背景とする長期金利の上昇で、妙味が薄れるとの懸念からハイテク株が売り込まれた。だが、長期にわたり低金利を維持するとしたジェローム・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の23日の発言で、急反発した。

 あらゆる資産の価格が上昇する「全部高相場」が映し出すのは、「楽しいことはまだ始まったばかり」と信じる投資家の楽観論だ。記録的な低金利を背景に、大型の財政刺激策、新型コロナウイルスワクチンの普及、積み上がった消費需要が重なり、成長とインフレがいよいよ本格的に高まるとのシナリオを投資家は描いている。