■○○さんがいると元気が出ます

 いつもニコニコしていて、その人がいると職場が明るくなる──そんな人がいる職場は雰囲気がよく、結果も出しているもの。たとえ、その人自身の成績はいま一つでも、職場への貢献度は高いといえる。そんなムードメーカーには、ときにはこんな言葉をかけて、その貴重な存在ぶりをほめたい。

ネガティブな表現も
こう言い換えたら一目置かれる!

 ネガティブな言葉も次のような「言い換え」をすることでポジティブな意味になり、相手にも嫌な印象を与えずにすむだろう。

■しつこい→「粘り強い」

 つきまとってうるさい、同じことを繰り返すなど、しつこい性格も、「粘り強い」と言い換えると、その気質を長所として表せる。「粘り強くあきらめない○○さんの性格が、今回の成功を導いたと言えるでしょうね」などと使うとよい。

■騒々しい、やかましい→「活気がある」、「元気な」、「にぎやかな」

 騒々しい場所に案内されたときなどには、「威勢がいい」、「にぎやか」という言葉で置き換えるといい。うるさく、話がよく聞き取れない店でも、「活気のある店ですね」と言えば、相手に対して失礼にならない。

■堅苦しい→「きちんとしている」

「堅苦しい」と聞くと、「格式張っていてくつろげない」、「窮屈である」というマイナスのイメージしか抱けないもの。それよりも「彼はきちんとした、とても真面目な人ですよ」と言ったほうが、ずっと響きはよくなる。

■せっかち→「頭の回転が速い」

 いつも急いでいて、落ち着きがないせっかちな人には、「頭の回転が速い」と言うと喜ばれる。「○○さんのお話は、いつもスピーディーですね。頭の回転が速くていらっしゃる証拠ですね」など。