中川淳一郎
中川淳一郎さん/1973年生まれ。97年博報堂入社、2001年退社。未経験でフリーランスのライター・編集者として働き始め、06 年にネットニュースの編集者になる。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『節約する人に貧しい人はいない。』など多数。(撮影/江藤大作)

 ネットニュース編集者で、メディアの連載も多数抱える中川淳一郎さん。2020年、47歳で「セミリタイア」し、佐賀県唐津市に移住した。現在発売中の週刊朝日MOOK『定年後からのお金と暮らし2021』では、どのようにしてそれを達成したのか、赤裸々に語ってもらった。

*  *  *

 九州の玄関・博多から高速バスで90分。日本百景の一つ・唐津湾に接する佐賀県唐津市は、呼子の「活イカ」や唐津焼などで知られている。この街に東京から移住したのが、中川淳一郎さんだ。

 大学卒業後、博報堂に勤め、退職後はライター・編集者の仕事を未経験の状態で引き受け、フリーランスとして働く。小学館でニュースサイト「NEWSポストセブン」の立ち上げなどを提案し、ウェブメディアを黎明期から支えてきた。だが47歳を迎えた昨年、「セミリタイア」としてキャリアに区切りをつけ、東京を離れた。

「年に364日、仕事をしてきました。年120日休みがある人に換算すれば、60歳の人と同じぐらい働いたと思うんです。それに競争の激しいフリーランスの世界では、50代になると、下の世代から疎まれるかもしれない。若手に『要らない人だ』と思われるのは怖い。そう思われる前に辞めたかったんです」

 こうした理由で、2013年、40歳の時にセミリタイアすることを決意した。