花粉症は「憧れの病」
写真はイメージです Photo:PIXTA

多くの日本人が花粉症に苦しみ始めた今年2月末、『花粉症と人類』(岩波新書)という書籍が発売された。杉をはじめとする花粉は多くの日本人から憎まれているが、大英帝国ではかつて「貴族病」などと呼ばれ、憧れの存在でもあったという。そんな人類とは長い付き合いの花粉症の歴史と今後の未来を、著者である東京農業大学教授の小塩海平氏に聞いた。(清談社 沼澤典史)

花粉症の歴史は紀元前
アッシリア人までさかのぼる

 身震いする冬の終わりが見え、すがすがしい春の陽気を感じる頃、にわかに耐え難い目のかゆみと、息もできないほどの鼻づまりに悩まされる人が続出する。もはや日本人の国民病ともいえる花粉症だ。

 東京都の花粉症患者実態調査報告書によると花粉症の推定有病率は48.8%(2016年)。若年層(15~29歳)にいたっては61.6%(2016年)にも及ぶ。