テスラが見限ったEV技術、小鵬の賭け
Photo:VCG/gettyimages

【広州】中国の電気自動車(EV)メーカー、小鵬汽車(シャオペン)の共同創業者である何小鵬(ヒー・シャオペン)最高経営責任者(CEO)は、かつては米テスラのファンで、テスラ車を4台も保有していた。だが今では、自らが触発されたテスラを超えることに意欲を示している。

 何氏はテスラに刺激を受けていることを認めつつ、中国ハイテク企業の力が増している分野である技術革新を用いれば、勝利を収めることができると述べている。小鵬は米国市場に上場している中国EV3社の一つだ。