Photo:PIXTA

新年度に入って1カ月弱が経ったが、早くも「会社選びを間違えた!」と思い悩んでいる新入社員が相当数いるに違いない。そんな彼ら彼女らのために転職を12回経験している筆者が、今後の身の振り方を考える上での心構えや問題解決法、転職術などをお伝えする。ぜひ、新入社員を指導する先輩社員にも読んでほしい。(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)

就職、結婚…人生の大きな選択は
3回に1回失敗する

 人生の大きな選択は3回に1回くらいの割合で失敗する。新卒で就職した若者が3年で3割程度離職するとは、随分前から言われている数字だし、結婚したカップルのざっと3組に1組は離婚している。就職も結婚も、「一生の問題」だから失敗したくないと誰しも強く願うが、選択を「必ず」成功させることはできないものなのだと考えておこう。

 せっかく「就活」で苦労して入社したのに、いざ仕事をしてみて、「この会社に就職したことは間違いだったのではないか」と思い悩んでいる新入社員が相当数いるに違いない。本稿では、主に彼ら彼女らのために、今後の身の振り方をどう考えたらいいかについてお伝えする。付け加えると、新入社員を指導する先輩社員にも読んでほしい。

 さて、「3回に1回」という世の中の失敗確率を考えたときに、理解しておくべきことが三つある。