ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、いよいよ3月9日に日本でも発刊された。
ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたきっかけは一羽の蝶だった。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、著者は思った。生きているっていったいどういうことだろう? 生命って、なんなのだろう?
著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立った。本書ではその経験をもとに、生物学の5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しを、語りかけるようなやさしい文章で提示する。
養老孟司氏「生命とは何か。この疑問はだれでも一度は感じたことがあろう。本書は現代生物学の知見を十分に踏まえたうえで、その疑問に答えようとする。現代生物学の入門書、教科書としても使えると思う。」、池谷裕二氏「著名なノーベル賞学者が初めて著した本。それだけで瞠目すべきだが、初心者から専門家まで読者の間口が広く、期待をはるかに超える充実度だ。誠実にして大胆な生物学譚は、この歴史の中核を担った当事者にしか書けまい。」、更科功氏「近代科学四百年の集大成、時代の向こう側まで色褪せない新しい生命論だ。」、大隅典子氏「本書には、科学の本にありがちな写真も模式図も一切無い。それでいて、生命科学の歴史から最先端の知見まで、平易な言葉で語られ、すんなりと入ってくる。」、さらには、ブライアン・コックス(素粒子物理学者 マンチェスター大学教授)、シッダールタ・ムカジー(ピュリッツァー賞受賞の医学者 がん研究者 コロンビア大学准教授)、アリス・ロバーツ(人類学者 バーミンガム大学教授)など、世界の第一人者から絶賛されている。発売たちまち5万部を突破した本書の発刊を記念して、内容の一部を特別に公開する。

Photo: Adobe Stock

最強の凸凹コンビ

 すばらしき新時代の幕開けを真に告げたのは、一九五三年のDNA構造の解明だった。生物学の重要な発見の多くは、大勢の科学者の仕事の上になりたっている。何年も何十年もかけて、現実の性質をこつこつと剥ぎ取り、重要な真実を徐々に明らかにしてゆく地道な作業だ。

 しかし、電撃的に、目を瞠るような知見に達することもある。DNAの構造もそうだった。僅か数ヵ月のうちに、ロンドンで研究していた三人の科学者、ロザリンド・フランクリン、レイモンド・ゴスリング、モーリス・ウィルキンスが決定的な実験を行い、その実験データをケンブリッジ大学にいたフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンが解析し、DNAの構造を正確に推測したのだ。

 しかも、それが生命にとって何を意味するのかも彼らは素早く理解した。

 後に、彼らがもっと年をとってから、私はクリックとワトソンととても親しくなった。二人は対照的な組み合わせだった。フランシス・クリックは実に論理的で、カミソリのように頭が切れた。彼は問題を薄切りにしていって、その眼光で文字通り問題を溶かしてしまうのだった。

 ジェームズ・ワトソンは直感力に優れ、他の人たちには見えていない結論に一気に達したが、どうやってそこへたどり着いたかは必ずしも明確ではなかった。二人とも自信にあふれ、率直にものを言うため、ときには辛辣だったが、若手科学者たちと積極的に意見を交換しあっていた。彼らは最強の凸凹コンビだったんだ。