ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、いよいよ3月9日に日本でも発刊された。
ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたきっかけは一羽の蝶だった。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、著者は思った。生きているっていったいどういうことだろう? 生命って、なんなのだろう?
著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立った。本書ではその経験をもとに、生物学の5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しを、語りかけるようなやさしい文章で提示する。
養老孟司氏「生命とは何か。この疑問はだれでも一度は感じたことがあろう。本書は現代生物学の知見を十分に踏まえたうえで、その疑問に答えようとする。現代生物学の入門書、教科書としても使えると思う。」、池谷裕二氏「著名なノーベル賞学者が初めて著した本。それだけで瞠目すべきだが、初心者から専門家まで読者の間口が広く、期待をはるかに超える充実度だ。誠実にして大胆な生物学譚は、この歴史の中核を担った当事者にしか書けまい。」、更科功氏「近代科学四百年の集大成、時代の向こう側まで色褪せない新しい生命論だ。」、さらには、ブライアン・コックス(素粒子物理学者 マンチェスター大学教授)、シッダールタ・ムカジー(医師、がん研究者 コロンビア大学准教授)、アリス・ロバーツ(人類学者 バーミンガム大学教授)など、世界の第一人者から絶賛されている。
本書の発刊を記念して、大隅典子氏(神経科学者、東北大学副学長)に、本書が「推し」である理由を寄稿していただいた。

Photo: Adobe Stock

満を持して発刊された本

「トム・ハンクスに似ている……!」というのが最初の印象だった。

 素朴で誠実な印象の著者に出会ったのは2014年の秋。読売新聞社主催の「ノーベルフォーラム:科学の信頼回復のために」というイベントにポール・ナース卿が招かれた折、不肖ながら筆者もパネリストの一人として参加したのだ。

 このイベントの基調講演では、故小柴昌俊先生が「ニュートリノ」についてのお話をされたが、ナース卿の講演タイトルは「Trust in Science」。自身がノーベル賞を取られた細胞周期に関する研究について語るのではなく、英国王立協会会長の立場から「科学が今後も人間社会に貢献し続けるには、人々の信頼が不可欠だ」と訴えた。

 王立協会の歴史は480年前に遡る。正式名称はThe Royal Society of London for Improving Natural Knowledgeだが、もともと民間団体として結成され、会員(フェロー)の会費によって支えられていた。名前に「ロイヤル」とあるのは、法人格を得るために1662年にチャールズ2世の勅許を得たことにより、政府の支援が得られるようになったのは19世紀半ばになってからだ。科学の成果を市民に還元し、ともに楽しむという素地が英国にはある。

 満を持して……という言葉がふさわしいだろう。本書はナース博士が初めて書いたサイエンスの一般書である。『WHAT IS LIFE? (ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』という本書のタイトルは言うまでもなく、物理学者エルヴィン・シュレディンガーのへのオマージュ。

 1944年に刊行されたシュレディンガーの本の副題は「物理的に見た生細胞」であった。熱力学の第二法則に則っているはずの生物が、なぜ秩序だった体制を保って生きていられるのか……。「負のエントロピーを食べる」というフレーズは、シュレディンガーの本から広まった。

 それから4分の3世紀が経とうとするタイミングで、ナース博士は「生命とは何か」が「ここまでわかった」と本書を書いた。DNAの二重らせんモデルがネイチャー誌に発表されたのが1953年であることを考えれば、1949年生まれのナース博士が、20世紀の生命科学(本書では「生物学」と書かれている)を牽引してきた一人であることがわかるだろう。

 ここではネタバレになる解説はしない。だが、なぜこの本が「推し」なのかを記そう。