「高学歴ほどボケない」は間違い!?学歴が脳の萎縮予防には役に立たない調査報告Photo:PIXTA

 大卒の学歴はさまざまな場面で有利に働くかもしれないが、加齢に伴う脳の萎縮の予防には役立たない可能性があることを、オスロ大学(ノルウェー)のAnders Fjell氏らが報告した。これまで、教育が加齢に伴う記憶力や思考力の低下に対して保護的に働くことが、数多くの研究で示唆されていた。ただ、これらの報告は因果関係を証明するものではなかった。今回のFjell氏らの研究では、脳の加齢変化の客観的指標となる脳萎縮と教育水準との間に強い関連は見出されなかったという。この結果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」5月4日号に発表された。

 この研究は、欧州の29~91歳の成人2,024人を対象としたもの。全ての対象者が最長で11.2年間の追跡期間中に脳MRI検査を2回以上受けていた。解析の結果、高齢者の方が若年者よりも脳容積が小さいという、予想通りの結果が得られた。しかし、学歴の高さと脳容積との間にはわずかな相関関係が認められただけだった。また、脳容積の経時的な減少スピードは、教育を受けた期間にかかわらず同程度であり、高学歴の人の脳容積の減少スピードが遅いことを裏付けるエビデンスは得られなかった。

 この結果について、Fjell氏は、「加齢に伴う脳の変化に対し、教育による保護効果はない可能性が示された」と説明している。