株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />自分の代わりに<br />一番よく働いてくれる資産は不動産Photo: Adobe Stock

不動産投資は自分の属性に効果的に
レバレッジをかけられる

 景気が悪化すれば、不動産価格は下がる可能性があります。

 でも、売却しなければなんの影響もありません。

 そもそも私は不動産の売却益を目的としていませんから、不動産の価格が上がっても下がっても、家賃収入さえコンスタントに入り続ければ、まったく問題ないのです。

 不動産投資では保有している不動産を売却することで得られるキャピタルゲイン(売却益)を狙う人と、不動産を保有中に得られるインカムゲイン(家賃収入)を狙う人がいますが、私の不動産投資は継続的な家賃収入を狙ったものです。

 むしろ不況になって、安く売りに出された不動産が市場に出回れば、私のような不動産投資家にとっては「買い場」になりますから大歓迎ともいえます。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />自分の代わりに<br />一番よく働いてくれる資産は不動産

 不動産を購入するときは、自己資金でまかなえない分、金融機関から融資を受けます。

 数千万円から場合によっては億単位となる不動産投資は、自分が勤めている会社や年収の「属性」で、年収の最大10倍ほど融資を受けることができます。

 属性とは、金融機関で審査するための個人情報のことですが、住所・氏名だけでなく、勤務先・年収・貯蓄・保険証の種別・住居の種別や居住年数など、「個人の金銭的信用度」になるものです。

 自分の属性を利用して融資を受け不動産を所有することで、まだ年齢的に若くても社会的信用を高めることができます。

 これほどレバレッジを効かせられる投資手法は、不動産投資以外にないと私は思っています。

 特に正社員として働いている若い世代であれば、30年以上の長期で融資を受けられる可能性があります。

 まだ社会経験が浅い自分の実力や属性以上にレバレッジを効かせられるところも、他の金融商品にはない大きなメリットなのです。

 いってみれば、一番よく働いてくれる資産が不動産。ちゃんと育てていけば、手離れもよい資産が不動産なのです。