資産1億円の作り方#14
Photo:(c)a_collection/amanaimages

「Bコミ」のハンドルネームで知られる個人投資家、坂本慎太郎・こころトレード研究所所長。特集『資産1億円の作り方』(全19回)の#14では、坂本氏に中高年のインカムゲイン狙いの投資に最適な高配当銘柄リストを独自に選定してもらった。(ダイヤモンド編集部 宮原啓彰)

中高年の株式投資は
高配当銘柄でインカム狙い

 50代や定年を迎えてから、初めて投資を考える人も少なくないはず。

 だが、「株式にせよ不動産にせよ、今後、預貯金を使ってキャピタルゲイン(資産の売却によって得られる利益)狙いの投資を始めるならば40歳ぐらいまでが限界だ」と、「Bコミ」のハンドルネームで知られる著名個人投資家、坂本慎太郎・こころトレード研究所所長は警告する。「50歳ぐらいで運用を始めて、さらにキャピタルを狙うとなると、よほどうまくいかないと老後のお金を失いかねない」(坂本氏)からだ。

 坂本氏が中高年向けに勧めるのは、リスクをなるべく回避するためのインカムゲイン(資産の保有で得られる配当などの利益)を狙った投資法である。株式投資であれば、高配当銘柄への分散投資がそれだ。

 では、どんな高配当銘柄を選べばよいのだろうか。詳細は、特集『資産1億円の作り方』の#13の坂本氏へのインタビュー記事『50代以上の投資は「築古不動産と高配当株でインカムゲイン狙い」がいい理由』を読んでほしいが、よく雑誌などで掲載されている「高配当株ランキング」の利回り1位から順に買うのはNGだと坂本氏はアドバイスする。「利回りランキング上位の銘柄の中には、不意の減配リスクがある危ない企業が入っていたりするが、素人はなかなか見抜けない」(坂本氏)というのがその理由だ。

 そこで、坂本氏が中高年のインカム投資に最適と考えるえりすぐりの高配当銘柄リストを紹介しよう。個別銘柄13本だけでなく、REIT(不動産投資信託)2本を加えている。