株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />年収460万円の女性会社員が<br />5年で資産7億5000万円を築いた理由Photo: Adobe Stock

知識ゼロからの不動産投資

 私は都内の女子大を卒業後、野村證券に入社しました。

 もともと金融リテラシーはほぼゼロ。

 後ほど詳しく説明しますが、「お金の勉強をしたい」という思いもあって証券会社に入社したのです。

 配属先は出身地である愛知県の支店でした。

 そこで営業ウーマンとして、過酷なノルマを背負って駆けずり回る毎日。当時の日々のノルマは、飛び込み営業50件、電話営業150件、アポイント5件。営業は、「ソルジャー」(兵隊)と呼ばれていました。

 毎日飛び込み営業をして、同じ客先に名刺を置き続け、私の名刺が50枚ほどたまった頃にやっと話を聞いてもらえる……そんな過酷な毎日での過労がたたり、救急車で運ばれたことが4回もありました。

 そんな日々でしたが、新人にして東海地方で営業成績1位となって、社内で最年少のセミナー講師に抜擢されたこともあります。

 しかし、入社4年目の2017年、私は会社を辞めました。仕事がイヤになったわけではありません。

 不動産投資に専念するため、退職したのです。

 働きながら不動産投資をはじめたのは入社3年目、26歳のときでした。

 生活費を削りに削って貯金した自己資金250万円を元手に不動産投資をはじめ、そのわずか2年後には、会社員の年収をゆうに超える不動産収入を得るようになっていたのです。

 2021年5月現在、資産約7億5000万円(投資総額約6億円)。出身地の愛知、それに東京・千葉にアパート6棟(68室)とテナントビル1棟を所有し、年間家賃収入7000万円、諸経費や借入金の返済を差し引いた年間キャッシュフロー(純現金収支=手元に残るお金)2000万円を得ています。