最も簡単なマクロ起動法

 マクロを動かす方法はいくつかありますが、起動ボタンを押すのが最もわかりやすいです。エクセルの画面に戻り「挿入」タブから「図形」で好きな形を選びます。ここでは「角丸四角形」にします。それをエクセルシート上に配置してください。

5分でわかる! Excelマクロの「超簡単な」始め方

 ボタンに起動させるマクロ名を書いておくとわかりやすいです。図形上で右クリックして「テキストの編集」を選ぶとボタンに文字を書き入れられます。

5分でわかる! Excelマクロの「超簡単な」始め方

 ボタンにマクロを登録します。先ほどの図形を右クリックし「マクロの登録」を選択してください。

5分でわかる! Excelマクロの「超簡単な」始め方

 ポップアップが出てくるので、登録するマクロを選択します。先ほど作ったテスト1を選んで「OK」を押してください。

5分でわかる! Excelマクロの「超簡単な」始め方

 すると四角形はマクロを起動させるボタンに早変わりします。カーソルを乗せたときに指の形に変われば完了です!

5分でわかる! Excelマクロの「超簡単な」始め方

(本原稿は、寺澤伸洋著『4時間のエクセル仕事は20秒で終わる』を抜粋、再構成したものです)