投資への一歩を踏み出せない人の
典型的な三つの「つまずきポイント」

 さて、実は今回の記事のポイントはここからです。『ケーキの切れない非行少年たち』というベストセラーがありますが、投資に関しては日本人にはかなりケーキの切れない大人比率が高いようです。

 教えていることはとても簡単で、私から見れば「ただやればいい」だけのシンプルな資産形成戦略を伝授しているだけというのが本音です。ところが、大半の知人は前に進むことができません。

 典型的な「つまずきポイント」は以下の3つです。

(1)米国株の買い方がわからない
(2)証券会社の口座開設の仕方がわからない
(3)マイナンバーカードを持っていないので口座が開けない

 このうち(1)は教えてあげられるのですが、(2)と(3)はケーキが切れる大人なら自分でできることのはず。でもこれができないから投資を始めることができない人が多すぎる。投資教室をやってみて初めてわかった事実がこれです。

 実は先日、仲の良い知人にこの話を教えていて、また別の問題が起きました。(4)最後まで細かく理解しないと動かない、という話です。