「仕事ができる人は、一文が短い」「一文を60字以内にすれば、書き手も読み手もラクになる」。そう話すのは、コピーライターとして30年以上活躍し続ける田口まこ氏だ。花王、ライオンなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラなどの化粧品を中心に、多数の広告コピーを手がけてきた。その田口氏が、伝わる・結果が出る文章をラクに書くコツを紹介した『短いは正義 ~60字1メッセージで結果が出る文章術』が9月29日に発売となる。メール、チャット、企画書、営業・プレゼン資料、報告書など、さまざまな場面に生きる、シンプルだけど効果抜群の文章術とは? 今回は、本書の内容を一部抜粋して紹介する。

あなたも書いてない? 文章がヘタな人が使いがちな「2つのNGワード」Photo: Adobe Stock

文章を長く、読みづらくする「という」

「という」は文を冗長にします。そのうえ、ほとんどの場合で省いても意味が通じます。つい入れてしまいますが、「という」はほぼいらない言葉なのです。

 書いた文に「という」が出てきたら、試しに削ってみましょう。それで問題なく通じるなら、その「という」は必要ありません。積極的に削ってストレートな言い回しにしましょう。

●日程が変わったということを知りませんでした。
→日程が変わったことを知りませんでした。

●リモートワークが増えているということもあり、部署内での連絡方法を変更した
いと思います。
→リモートワークが増えていることもあり、部署内での連絡方法を変更します。

本の編集者も注意している「こと」

「こと」も多くの人が無意識に書いてしまうワードです。実は、私も「こと」を多用するクセがあり、いつも気をつけるようにしています。何度も「こと」が出てくると、回りくどく煩わしい文章になります。知り合いの編集者も「こと」が出てきたらその文章は必ず見直すと言っていました。

 もちろん入れたほうが良いときもあります。しかし多くの場合、別のスマートな表現に言い換えられます。たとえば、先ほどの「という」を削った後の文章にも「こと」が入っています。これも「こと」を取ると、よりスッキリした文になります。

●日程が変わったことを知りませんでした。
→日程の変更を知りませんでした。

●リモートワークが増えていることもあり、部署内での連絡方法を変更します。
→リモートワークの増加もあり、部署内での連絡方法を変更します。

 このように、スマートな表現に変えられるのです。ほかにも、いくつか例を見てみましょう。

●目標を達成することができ、いっそう絆を深めることができました。
→目標を達成でき、いっそう絆を深められました。

●シニア世代がストレス発散できることを目標としました。
→シニア世代のストレス発散を目標としました。

 いかがでしょう。「こと」抜きのほうが、断然スムーズでわかりやすい文章になっています。「こと」が出てきたら、よりスマートな表現にするチャンスです。ぜひ意識的に削除・変換していきましょう。

(本原稿は、田口まこ著『短いは正義 ~60字1メッセージで結果が出る文章術』からの抜粋です)

田口まこ(たぐち・まこ)コピーライター
京都府出身。京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)美学美術史学科卒業後、一般企業を経て、広告制作会社ライトパブリシティに入社、コピーライターとなる。大塚製薬「ポカリスエットステビア」「カロリーメイト」などを担当し、「ジャワティ」の雑誌シリーズ広告で、コピーライターの登竜門「東京コピーライターズクラブ新人賞」受賞。その後フリーランスとなり、女性向けの商品広告を中心に活動。ライオン、花王、P&Gなどのトイレタリー商品、資生堂、カネボウ、ポーラ、ランコム、フローフシ、ロート、ファンケルなどの化粧品のコピーを多数手がけ、現在も第一線で活躍中。コピーライター歴は30年以上。著書に『短いは正義』『伝わるのは1行。』(かんき出版)がある。東京コピーライターズクラブ会員。