つまり、モチベーションの方向性が完全にズレているのです。だから、部下を動かそうとしても、思い通りに動いてくれないのです。

 上司の中には、「部下にどのように成長してほしいか」「組織をどう変えたいのか」といった方向性を持たないまま、惰性で会社に来ているような人がいます。とりあえず、目先の目標だけを遂行するために、部下に場当たり的な指示を出す。そういう上司には、そもそも部下を育てるという発想がないのかもしれません。部下にしてほしいことを命令する。これでは部下が動いてくれるはずはありません。

 また、命令や指示の内容を部下に論理的に説明すれば、それだけで部下が進んでついてきてくれると勘違いしている上司も多いようです。仕事をテキパキとこなし、言っていることも整合性がとれている。だから、部下は納得してついてきてくれるだろうと考えてしまう。そういう上司にかぎって、部下が動いてくれないと「こいつらのやる気がないんだ!」と部下を責めるような考え方をしてしまう。たしかに、論理的に指示を出すことは大切です。しかし、どんなに理屈が立派でも、それだけは足りません。どんなに仕事のできる上司だからといって、部下が言うことを聞くとは限らないのです。

部下が憧れる上司の条件

 では、どのような上司であれば、部下のモチベーションを高めることができるのでしょうか。どのような上司であれば、部下は自ら動き出すのでしょうか。

 答えは明確です。「あんな人間になりたいな」と部下が共感できるような上司になることです。つまり、「魅力」ある上司にならなければ、部下に動いてもらうことはできないのです。

 部下が憧れるような上司になるためには、二つの条件が必要です。一つは、その上司が人間的にすぐれていること。もう一つは部下の心の充足を満たしてあげられるように努力していることです。