【ソウル】北朝鮮によるミサイルの発射が懸念される中、米海軍の原子力空母が今週、日本海の公海上に入り、北朝鮮をけん制する動きを見せている。  韓国メディアの報道によると、米海軍の原子力空母「エイブラハム・リンカーン」と空母打撃群は、同国の南東部沿岸の国際水域を航行している。  米軍の空母が日本海に入るのは、金正恩(キム・ジョンウン)体制の下で戦術兵器の実験が相次ぎ、朝鮮半島の緊張が高まっていた2017年11月以来となる。  韓国メディアによると、空母は金日成主席の生誕110年に当たる今月15日を含む数日間にわたり同海域に滞在する。