「どんな人でも運がよくなれる」、それが風水の持つ力です。
そういうと、まるで魔法のようだと思われるかもしれませんが、風水とは、自分の力で運気を引き寄せるための法則を解き明かした学問であり、その法則をしっかりと守れば、どんな人にも自分の思い描く幸せが訪れるものです。
この連載では、風水とは何かを解き明かし、日常生活での「衣」「食」「住」「動」すべてを使って運を上げる方法を紹介しています。風水を知り、実践して、これまであきらめていた夢や目標を実現してみませんか?

クローゼット 片付けPhoto: Adobe Stock

収納のストレスは
そのまま運のストレスに

収納スペースは、文字通り「モノを収納しておく場所」ですが、同時に「運をためておく場所」でもあります。収納スペースに何を、どのように収納しているかによって、そこにたまる運も変わってくるのです。

たとえば、収納スペースに、使わなくなった電化製品や引き出物の器など、不要なものがたくさん詰め込まれていると、いい運は入ってきません。

特に、収納スペースが広く、何でもしまっておける家は要注意。収納スペースは大きければ大きいほどいいと思うかもしれませんが、スペースにゆとりがあると、何でもそこにしまっておけばいいと考えるようになりがち。そして、一度収納してしまうと、見た目にはスッキリ整って見えるため、「いらないものが入っている」ことになかなか気づきません。部屋の中はスッキリ片付いているように見えても、なぜか運が上がらない……そういうときは、収納スペースにいらないものがたくさん入っていないか、見直してみましょう。

また、快適に出し入れできるよう、使い勝手をよくしておくことも大切。「ここに入っているはずなのに見つからない」「出しにくくてイライラする」といった収納に関するストレスは、そのまま運のストレスになります。詰め込みすぎて出しにくい場合は、不要なものを捨ててモノの総量を減らしましょう。そのうえで、棚や引き出しなどで仕切る、ボックス収納にするなら、中身がわかるようにラベリングするなど、機能的でわかりやすいシステムづくりを。自分ではうまくできないなら、収納のプロに依頼するのもひとつの方法ですよ。

本原稿は、李家幽竹著『どんな運も、思いのまま! 李家幽竹の風水大全』からの抜粋です。この本では、風水とは何かを解き明かし、日常生活での「衣」「食」「住」「動」すべてを使って運を上げる方法を紹介しています。風水を知り、実践して、これまであきらめていた夢や目標を実現してみませんか?(次回へ続く)

【人気No.1風水師の教え】<br />家のなかで運がたまる場所とは?

李家幽竹(りのいえ・ゆうちく)
韓国・李朝の流れをくむ、ただ一人の風水師。「風水とは、環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野でアドバイスを行っている。女性らしい独自のセンスで展開する風水論は幅広い層に支持されている。現在、テレビ・ラジオ・雑誌・セミナーなどで幅広く活躍。風水を仕事にする人材を育成するため、「一般社団法人 李家幽竹空間風水学会」を設立し、理事長をつとめる。
主な著書に、『ナンバー1風水師が教える運のいい人の仕事の習慣』『改訂新版 絶対、運が良くなる旅行風水』『絶対、運が良くなるパワースポット』『絶対、お金に好かれる! 金運風水』(以上、ダイヤモンド社)、『おそうじ風水』『運がよくなる 風水収納&整理術』(以上、PHP文庫)、『最強 パワーストーン風水』(秀和システム)、『李家幽竹の開運風水』『九星別365日の幸せ風水』シリーズ(以上、世界文化社)など多数。
オフィシャルウェブサイトでは会員限定の風水コンテンツを配信中。