英語とは縁遠い新潟の片田舎で生まれ育ち、勉強はからっきし苦手。とくに英語は、be動詞も理解していなかった。それでも大学を受験。偏差値38の学部を2つ受験するも、どちらも不合格……。それがいまやネイティブや帰国子女に間違われるほど英語を操り、YouTubeでさまざまな国籍の人々にインタビューしまくっている。いったい、どうやって英語力を身につけたのか? 初の著書『バカでも英語がペラペラ! 超★勉強法 「偏差値38」からの英会話上達メソッド』(ダイヤモンド社)で、超効率的な勉強法を初公開! 本書より一部を抜粋・編集し、夢を叶えたとっておきのコツを全部教えます!

【人気YouTuberが教える】<br />偏差値38のボクが、最短で英語力を身につけたツールPhoto: Adobe Stock

会話の“反射神経”を高める
Improve your conversational reflexes.

中学レベルの英語の基礎さえなかった、英語偏差値38のボクが、最短で英語の基礎力を身につけた方法は、本書のPart 4でご紹介しますが、とにかく大切なのはアウトプットを重視すること。「インプット3割:アウトプット7割」の感覚で、学んだことはとにかくアウトプットしていきます。

英語で話されたことに英語で返す“反射神経”を高めるには、シンプルなフレーズを自分のものにすること。そのためには何度もくり返し話していくしかありません。いい慣れたフレーズがあれば、相手が投げた英会話のボールをキャッチして、すぐに投げ返すことができるようになります。そのために使えるのが、次にご紹介するテンプレートです。

テンプレートを準備すれば
英会話は怖くない

If you prepare a template, you won't be afraid of speaking English.

TBSアナウンサー・安住紳一郎さんの著書『話すチカラ』(齋藤孝 明治大学教授との共著)で、数多くの番組や大舞台を経験してきたトップアナウンサーともいえる安住アナが、こんなことを書いていました。

「スピーチが上手な人は、必ず事前に練習しています。それも、たぶんびっくりするくらい入念に準備をしています。ぶっつけ本番で上手に話せる人は、ほんの一部の天才だけです」

スピーチに限らず、英会話だって同じことだと思います。ボクも英語での答え方や会話のトピックなどを、スマホのメモ帳に書きためて、事前にシミュレーションしていました。人と会話をするとき、どんなテンプレートを使っていたのか?「初級」「中級」「上級」に分けて紹介しましょう。 【次回に続く】

※本稿は、『バカでも英語がペラペラ! 超★勉強法 「偏差値38」からの英会話上達メソッド』より一部を抜粋・編集したものです。